買えば儲かる!そんなことはありません絶対に

とにかく世間では仮想通貨で儲かった話ばっかりが飛び交っています。私自身も儲かったのは事実。

でもそれなりにリスクを取って勝負に出たからこその話であって苦労もあります。

ネット上で収入自慢している人は努力している人も中にはいますけど、嘘をついて人集めしている人も多数いますね。

よく考えてみて下さい。

自分が儲かっていたらそのノウハウを広めたりしますか?

仮想通貨に集中していたほうが儲かるのに、わざわざ時間をかけて他人に教えたりするでしょうか?

うまい話には絶対裏があります。特に最近は上昇だけの相場は終わりを告げ調整時期になっているので買えば上がるという法則は当てはまりません。

ネット上のおいしい話を違った視点で

ツイッター、ブログなどを使って収入報告はよく見かけますがどうしていい話ばかりが目に入ってくるのでしょうか。

私は以前パチンコ屋でアルバイトをしていました。

面白いことにパチンコ未経験者がパチンコ屋さんで働くと、10人中8人位はパチンコをやるようになってしまうのです。

その理由は面白そうと感じるのも1つですが、それ以上に「自分も勝てそう」「自分も儲かりそう」って思ってしまうんですね。

勝ってる人ばかりが目につく理由

ホールで働いていると感じるんですが、日によって勝ってる人が多かったり、信じられないくらい大量に玉を出している人を見かけます。

そういうのを見ると期待感が上がってしまい「よーし自分も」となってしまいます。

しかしここまでは普通の話。重要なのはここから。

勝っている人と負けている人では平均すると勝っている人のほうが滞在時間が長かったりします。負けた人は数十万突っ込む場合を除いて、ダメだったら他へ移動したり帰宅してしまいます。

そうすると勝っている人がいつまでも勝っているようにみえる。どんどん勝ち額が増えていくようにみえる。

また、接客していても勝っている人は機嫌が良くて、負けている人は機嫌が悪いから話さない。

必然的に勝っている人との接点が増えていくんですね。

そうなると不思議なことに「自分も勝てそう」という雰囲気になってきてしまうんです。

ネット上でも同じですね。

勝っている人は気分良く自分の収支を公開するわけです。負けている人は気分悪いので公開しません。

ですから良い情報ばかりが目に飛び込んできて「自分も儲かりそう」って思ってしまうんですね。

株やFXは9割の人が負けているという事実

仮想通貨も投資の色合いがだいぶ強くなりました。

以前であればまだ世の中的に認知も浅かったのですが今では大手のファンドが目をつけたり株やFXのプロが流れ込んできています。

投資は売買によって成り立つので一般の人が負けたお金はそういったプロやファンドに流れていくのです。

そして資金力がある人がまた流れを作って勝っていく…

厳しい話ですがこれが現実なんです。

勝つために大事なことは?

様々な手法がありますが、まずは超少額でいから練習してみること。

誰だって負けてもいい額なんてありませんが、投資をするならそれなりの覚悟は必要です。

しかしイキナリ大金を夢見て行動するのは大きな間違い。

値動きだけではありません。ガセネタ、取引ツールの良し悪し、などなど。

数百円の世界の勝ち負けでもいいからそこから始めましょう!

数百円から勉強できます

仮にビットコインが100万円するからと言ってまるまる100万円で買う必要はありません。

1枚ではなく0.1枚とか0.01枚とかから買えるので、0.01枚なら1000円です。100万切ってくればそれもまた下がります。

またビットコイン以外にもイーサリアムやリップルなど、アルトコインと呼ばれるものは単価も低いため手に入れやすい価格で買うことができます。

もちろん投資額が少ないとリターンも少ないですが、勉強するには最適ですね!